印鑑をダメにしないために

印鑑イメージ

「実印」と「銀行印」と「認印」の3つを同じ場所にしまっている。
しかも登記簿や通帳も一緒である、という方がいたら、今すぐに保管場所を変更してください。
空き巣などが入ったときに財産全て失う危険性をはらんでします。
また、「実印」や「銀行印」などに使用されている印鑑は、印影と照らし合わせることもあるため、変質や劣化などはタブーとされています。

印鑑をダメにしないためには、使用後、きちんきちんと朱肉をぬぐう習慣をつけなければなりません。
汚れが酷いときにはサラダ油などで印面を拭き取ることも必要です。
朱肉には植物性の油分が含まれおり、これを印面についたままでほうっておくと、朱肉が固まってしまいます。
柘植など、木材が印材の場合は特に注意してください。
植物油が浸透した印面がもろくなり、欠けてしまうことがあります。
印面の文字の隙間に朱肉が目詰まりした場合には、歯ブラシに薄めた洗剤などをつけ、そっと汚れを洗い落としてください。

また、印鑑は必ずケースに入れて保管します。
温度変化に配慮し、牛角や黒水牛などを印材に使った判子では、防虫剤も忘れずに一緒に保管しましょう。
動物の角は毛が変化した繊維であるため、虫がつくことがあります。
動物の角は天然素材であることから、太陽光などにも弱く、長時間、光をあてていると乾燥のせいでヒビが入ることも。
黒水牛は冬季の厳しい乾燥でヒビが入ることもあるため、オリーブオイルなどで印鑑を磨くようにしてみてください。

〔関連商品のご紹介〕

印鑑ケースには、オーソドックスな朱肉付きケースや、牛もみケース等がありますが、がま口型のかわいい印鑑ケースがあるのをご存知でしょうか?
がま口のしっかりとした開閉で、印鑑が落ちる心配もなく、安心して持ち運びができます!

がま口印鑑ケースをお求めの方はこちら

ページの先頭へ