捺印のポイント

印鑑イメージ

印鑑を押すのが苦手という人がいます。
なぜか上手に押せなくて、ずれたり、かけたり、薄かったり、二重になったり、いつも上下さかさまといった場合も。
上下さまさまというケースは、押す前に印面の確認をしていないことがほとんどです。

印鑑には、持ち手部分に溝やマークがついていて、上下が簡単に判別できる製品もあります。
印影がずれたり二重になる場合は、押してから「ひょっとしたら薄いかも」、「力が弱いと欠けてしまうかも」と、グリグリと必要以上に紙に判を押しがちです。
薄かったり欠けたりするケースでは、判を押すときに力が弱かったり、朱肉がきちんと印面についていないこともあります。

紙にきれいに印を押そうと、朱肉を必要以上につける人がいますが、こういう場合は印影がつぶれてしまい、返ってきたなくなってしまいます。
きれいに印鑑を押すためには、朱肉はつけすぎないのがポイント。
ポンポンと、判で軽くたたくように朱肉を適度につけ、紙の下に捺印用のマットなどを置いて押すときれいに印影がうつります。
捺印用マットがない場合には、柔らかく、クッションになるような物を敷くと効果的。

ただし、判がきれいに押せたからと安心してばかりもいられません。
朱肉には油が入っているので、速乾性がありません。
判を押してからしばらくは、印影にはふれないようにはからいましょう。
こすったりすると、乾いていない部分が伸びて、すぐに汚れてしまいます。

〔はんこのWEB通販ならココ!〕

一生ものの印鑑をお求めなら【ハンコヤドットコム】がおすすめ。
熟練の職人が丁寧に彫り上げた印鑑を、お求めやすい価格でご提供しております!
個人印鑑のお得なキャンペーンも随時実施中!

ページの先頭へ